デオシークは子供でも使用できる?

デオシークは子供でも使用できる?

デオシークは子供にも使えるのでしょうか?

ワキガは生まれ持った体質

汗が出る汗腺はエクリン汗腺とアポクリン汗腺とがあり、エクリン汗腺が普通のサラサラとした無臭の汗が出ます。

一方アポクリン汗腺から出る汗は皮脂などと混ざることで細菌を繁殖させて独特の臭いを発生させるものです。

そして、このアポクリン汗腺から出る汗はべたべたとしていて黄ばみが出来るのが特徴です。

アポクリン汗腺の量が多かったり、汗腺自体が大きいことでワキガ体質となるのです。そしてこれは遺伝的要素が大きく、片親で50%、両親ともで80%の割合で遺伝すると言われています。

しかし、ワキガの臭いは赤ちゃんの頃に臭うことはありません。多くは思春期のホルモンの分泌が活発化する時に、アポクリン汗腺の動きも活発化しワキガが発生されるのです。近年は食事の欧米化などで子どもの発育が早くなり、それによってワキガの発症年齢も低年齢化していることがあります。

臭いは周囲の人にも気づかれることであり、純粋な子どもの世界ではそれを口に出して指摘するようなことも少なくありません。

生まれ持った体質であり、不潔にしているわけでもないわけでもやはり臭いを抑えたいという子どもの気持ち、そしてその臭いをどうにかしてあげたいと思う保護者の気持ちは自然なことです。ワキガの臭いを抑えるには、清潔を心がけることが第一です。汗をかいたら洗い流す、清潔なタオルで拭き取る、学校にいる間にはウェットティッシュなどを持参させて拭かせるというのも有効です。また脂質や刺激物は体臭を強くさせる傾向があるのでバランスの良い和食などを中心とした食生活を心がけることも大切です。

臭いがきつい場合は、ワキガ専用のデオドラント商品がおすすめ

更に良い方法がワキガ専用のデオドラント商品を使用することです。その中でも子どもに安全な成分で作られたデオシークがおすすめです。これには刺激が弱くて強い収れん効果のある成分、植物由来の引き締め成分、そして細菌の繁殖を抑える成分が配合されていることで臭いをブロックします。

汗の出を抑え、細菌の繁殖を抑え、強い消臭効果があるデオシークは長時間の効果があることで、朝塗れば夕方まで気にせずに過ごせる良さがあり多くの人の救世主になっています。デオシークは大きな特徴として肌の弱い人にも適した安全安心な成分で作られていることで、子供にも適しているものといえるのです。その殺菌効果は99,9%ともいわれ頑固なワキガの臭いを抑える効果が評判です。デオシークはデオドラントクリームだけでなくボディソープも発売されています。

これらを併用することで更に大きな効果が生まれます。このボディソープは泡立ちがよく、その泡が汚れや細菌をしっかりと吸着することで脇の下の細菌をきれいに取り除くことが出来るのです。アポクリン汗腺は脇の下のみならず、陰部や乳首周りにも多く存在します。

ですから全身をこのボディソープで洗うこと、そしてクリームを臭いのする箇所に塗ることで体全体の臭いの発生を抑える効果があるのです。クリームの塗り心地はべたべたせずに不快感がなく肌なじみが良いので、子どもも嫌な思いをせずに使用することが出来ます。

こうしたデオシークのデオドラント商品を使用しながら、しっかりと睡眠をとらせることやストレスを溜めない生活を心がけて自律神経のバランスを整え、適度な運動を継続して行うことで体内循環を良くすることで臭いの発生が抑えられます。臭いを気にせずに元気で笑顔の多い子どもの成長をサポートできることは日々のケアがとても大切なことなのです。

日々のケアは習慣化することで自然と生活習慣の一部となり、そうした生活習慣は小さな頃から行うことで大人になってからも臭いを気にせずに生活できるようになります。

このページの先頭へ