デオシークの特徴と効果

デオシークの特徴

街を歩いていたり何かしている時に、どこからか嫌な臭いがしたり、隣の人が臭うと感じていたら、実は自分が原因だったということもあるかもしれません。

特にわきがの臭いは独特で、他人に気づかれることが多かったり自分でも気になる場合があります。

また、わきがでなくても体臭が気になっている方が多く、体臭ケアをしていても臭いが気になるということが多くあります。


体臭やわきの臭いが気になっていても、汗が出てすぐに気になる臭いになるわけではありません。

汗には、汗腺であるアポクリン酸から分泌されるものと、エクリン酸から分泌されるものがあります。

分泌された汗が時間が経つにつれて、皮脂と混ざり合って雑菌が繁殖することで臭いとなって発生します。

また、体臭がきになるからと言ってからだを強く擦ってケアすることで皮脂を取り過ぎてしまうことで、汗や皮脂の分泌が過剰になることで臭いが発生しやすくなってしまいます。


臭いを消そうと朝ケアしても、時間が経つにつれて臭いが発生したりする場合があります。

デオシークは、わきだけでなく、気になる臭いに対して有効的に働きかけてくれます。

足の臭いや加齢臭、わきやデリケートゾーンまでにも使うことができます。

また、殺菌率99.999%という高い殺菌効果があります。

この高い殺菌力には成分の特徴にあります。

まず、パラフェノールスルホン酸亜鉛です。

これは、汗が出てくる出口に蓋をすることで、汗がでるのを防ぐ効果があります。

収れん作用があるものには、刺激の強いものがあり敏感肌の方は使うのが心配、と感じる方もいますが、パラフェノールスルホン酸亜鉛は刺激が弱くて敏感肌の方でも安心して使用することができます。

また、イソプロピルメチルフェノールは、殺菌作用のある成分でわきがの原因となる細菌に有効的に働きかけてくれます。

黄色ブドウ球菌にも効果的なので、体臭や悪臭にも働きかけてくれて24時間経過しても殺菌能力が続いていると実証されていて、注目されている成分です。

パンシルは、柿渋由来のポリフェノールで、茶カテキンの約25倍といわれるほどの高い消臭能力があり体臭などをしっかりとブロックしてくれます。

また悪臭である物質を見つけて無臭物質へ変えてくれて気になる臭いを防いでくれる効果が期待できます。

また、乾燥は皮脂や汗の分泌を過剰にさせてしまうので、保湿することが重要です。

そのため、デオシークには天然植物エキスによってお肌の状態を整えて潤いを与えてくれるので乾燥から守ってくれます。

しっかりを潤いを与えることで、乾燥を防いで乾燥からくる皮脂や汗の過剰分泌を防いでくれます。


せっかくデオシークを使うならその効果を最大限に引き出したいものです。

そのため、使い方のポイントを知っておく必要があります。

まず、制汗作用と殺菌作用があるので、菌が繁殖していない綺麗な状態のお肌に使用するようにします。

お風呂あがりや、朝家を出る前にお肌を綺麗にした状態で使用するようにしましょう。

また、デオシークボディソープは、泡で汚れや皮脂を包み込んで取ってくれるので刺激が少なく、刺激による乾燥から守ってくれます。

また、天然由来の美肌成分や保湿成分も入っているので、美肌、乾燥から守ることが期待できます。


デオシークには、気になるところに塗るクリームタイプのものと、サプリメントなどがありますが、クリームタイプのものは、プッシュ式のボトルなので使いやすく伸びのよいテクスチャーなので、お肌に馴染みがよく伸ばしやすいです。

サプリメントは、1日1粒かまずに水で飲むだけなので忙しい方や時間のない方でも続けやすくなっています。

デオシークは、気になる臭いをからだの外からと内側からケアしてくれるものです。

このページの先頭へ