脇の臭いがきつくなる原因

脇の臭いがきつくなる原因

脇汗をかく季節になってくると気になるのがその臭いです。

自分ではわからないけどもしかしたら脇汗の臭いに周りの人はくさいと思っているしれないなんて考え始めると気になって仕方ありませんね。

しかしこういったデリケートな悩みほど他人には相談しづらいものです。

なぜ脇汗というのは臭うのか、その原因とは何なのかがわかると対応方法について考えることができるので、他人に中々相談できないという方は、その原因について学んでおくと自分で対応できるようになるため脇汗の臭いの原因を知ることはとても重要です。

汗というのは体温を調節するために存在する体の機能で、夏などの暑い環境下では汗を流すことで身体を冷やし異常が起きないように体温を一定に保つように調節します。

なので汗が出る部分は体のいたるところに存在するのですが、その汗を排出する機関には二つの種類があります。

一つ目が全身のほぼすべてに存在しているエクリン腺といわれる汗腺です。

このエクリン腺から排出される汗に関してはその成分のほとんどすべてが水分となっていて他の物質は極微量に塩分が入っているのみなので、質感がさらさらとしていて臭いというのも全くというほどありません。

基本的に体温を調節するために利用される汗はほとんどがこのエクリン腺の汗になります。

もう一種類の汗はアポクリン腺という脇の下や性器の周辺、乳輪付近、耳の内部というような特定の場所にのみ存在する汗腺になります。

このアポクリン腺から排出される汗にはタンパク質をはじめ、糖質、脂質、鉄分など様々な成分で構成されているため、エクリン腺の汗と比べると若干白っぽく粘ついたような質感の汗になります。

そして脇汗の臭いの原因はこのアポクリン腺から出る汗が大きくかかわっているのではないかと言われています。

耳内部のアポクリン腺が大いと耳の内部で汗が多く発生するようになるので、耳垢が湿りがちな方はアポクリン腺が多く存在するのではないかと考えられるので、脇の下のアポクリン腺も多く存在している可能性があります。

ただし、意外ではありますが、エクリン腺の汗であろうとアポクリン腺の汗であろうと基本的に汗というものはそれ単体では臭いはありません。

ではなぜ脇などで汗をかくと臭くなることがあるのかというと、無臭だった汗に皮膚に存在する皮脂腺から排出された脂肪酸が混ざり、皮膚に常駐している菌がそれを分解する際ににおいが発生するのです。

このときに発生した刺激臭がワキガと呼ばれるものになるのです。

脇の下などはアポクリン腺だけでなくエクリン腺も多く存在する上に閉じた空間なので群れやすく汗が発生しやすい環境といえます。

汗が出るのは体にとって重要な機能なので、汗腺を除去したりして汗が出ないようにしてしまうと、身体に異常が発生するようになってしまいます。

なので汗が出るのを抑えるのではなく出てきた汗に対処することでにおいをなくすという方法をとるようにするのが健全でしょう。

汗自体はにおうわけではなく汗が出た後に菌によって分解されることでにおいが発生するのですから、分解される前になるべく汗を拭き取るようにする事でにおいの発生を防ぐことができます。

それと汗というのはストレスや疲労がたまるとにおいやすくなるといわれています。

汗のもととなる物質は血液中にある血漿と呼ばれるものなのですが、この血漿が疲労やストレスでうまく働かなくなると、本来であれば体内で血液に戻されるはずだったミネラルなどの成分が汗と一緒に体外に排出されるため、これがにおいの原因になってしまうようなのです。

なので汗のにおいが気になる方は汗をこまめにふき取ることと疲労やストレスをなるべく減らすようにする事が対策として重要になるのです。

このページの先頭へ